ベビーシッターの民間資格

ベビーシッターとして働くために、必須となる資格はありません。その為、誰でもベビーシッターとして働くことは出来ます。しかし、経験・知識を持たない人がベビーシッターとして働くのはそれほど容易いことではありません。また、経験や実績のない人の場合、就職先を見付けるのが困難である可能性もあります。

そこで、おすすめなのが保育士や幼稚園教諭の資格・免許状を取得するという方法です。専門学校などに通うことにより、このような資格を取得することが出来ます。そして、民間の資格を取得するという方法もあります。ベビーシッターの民間資格を習得する方法は、研修会を受講した上で試験を受験し合格をするという事と保育士を要請する学校で在宅保育に関する科目を履修し単位を取得するという方法です。

認定試験の難易度はそれほど高くはなく、合格率は9割を超えています。民間のベビーシッター試験を受験するための条件としては、年齢が満18歳以上であること、研修を受講しているという事、在宅保育やファミリーサポートセンター事業に関わりを持った経験があるもしくは家庭保育制度で働いたことがあるなど、実際に在宅保育の実務経験があるということです。資格を取得することにより、在宅保育のプロであるという自覚を持つことが出来るとともに利用者に対して子供の安心して預けることが出来るという安心感を与えることが出来ます。試験結果については、絶対的評価・相対的評価によって総合的に判断されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です