ベビーシッターが増加する理由と活用法

新聞やテレビなどで待機児童の問題が取り上げられるようになり、ずいぶんと時間が経過しました。この間、自治体などの取り組みにより、保育施設の建設は進みましたが、それでも全国では2万人程度の待機児童が保育施設が空くのを待っている状況です。さらに、保育士の不足も大きな問題です。慢性的な保育士不足により、長時間労働が当たり前の職場になっており、結婚後、復職する人が少ないため、資格を持っていても保育士としては働いていない人ばかりが増えているのです。

こういった状況において、保育士資格を持った人がベビーシッターに転職することが増えているのです。結婚などで、一旦、幼稚園などを退職した人が、フルタイムでは働けなくとも、これまでの経験を活かして働けるのがベビーシッターなのです。子供を預ける保護者の立場からも、保育士の資格を持った人であれば、安心して子供を預けることができます。また、保育士経験を活かした知育教育も期待できますので、双方にメリットがあるのです。

さらに、最近では自宅などを回収して、個人でベビーシッターを開業する人もいます。自治体によってルールは異なりますが、一定の基準を充たすことができれば、自宅で開業することも可能なのです。ベビーシッターを利用したくても、自宅に入られることに抵抗を持っている人もいますので、こういった人を中心に徐々に広がっています。共働きの家庭が増え、子供の保育は大きな課題ですが、ベビーシッターは解決策の一つとして、様々な工夫がなされ、さらに需要が伸びていくことが予想されているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です