外国人ベビーシッターに依頼する場合について

ベビーシッターは日本人であるイメージがありますが、外国人の方も活躍しています。依頼する保護者の方の教育方針によって幼いうちから英会話にトライしてもらいたいと考えている人がいるのです。しかも直接外国人の方にレッスンしてもらうことによって英会話だけでなく、ある程度のコミュニケーション能力、そして外国人に対して恐れない精神を養うことができます。特に英語に関してはネイティブの発音を幼いころから聴かせることで大人になってからでもネイティブの方との会話に苦痛を感じなくなります。

苦痛を感じなくなったら外国人と話すことに何も違和感を感じなくなります。そうするとますます話す機会が増えて英会話が上達します。ちなみに外国人のベビーシッターは英語圏だけではありません。フランス語やドイツ語、スペイン語を始めとして中国語や韓国語を話せる人がいるのでベビーシッター会社に問い合わせてみると良いでしょう。

ただこのような方々は通常のベビーシッターの方よりもさらに特殊能力を持っているので割高になります。またこのようなサービスを提供している地域はやはり外国人が比較的多い都市圏に限定されます。このため、地方にお住まいの方は依頼するのが難しい場合が多いと思われます。ただタイミングが良ければ地方でも外国人の方に依頼できるチャンスがあるかもしれないので、こまめにチェックしてみてはいかがでしょうか。

特に将来子供を留学させたい方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です