神奈川県は保育士として転職しやすくなっている

待機児童問題が社会現象として叫ばれている昨今において、横浜市を中心に幼稚園や保育園の数を爆発的に増やし、待機児童の数を大幅に減少させたことで知られているのが神奈川県です。他の都道府県に比べて幼稚園や保育園の数が圧倒的に多く、同時に保育士も新人を含めて大勢受け入れる環境が整っているというのが神奈川県の特徴だと言えます。幼稚園や保育園の数が多いということは、保育士として転職しやすくなっているということの裏返しでもあり、保育士として正規雇用された職場の水が合わなかったとしても神奈川県ならすぐに新しい職場を探しやすいといったメリットがあります。ひとつの職場で長く働きたいといった希望を持っている方もいらっしゃれば、生活状況や職場環境の変化に合わせて転職を考えたいといった希望を持っている方も保育士には多いと言えるので、転職しやすい環境が整っている神奈川県は保育士にとって働きやすいのだと捉えておいてください。

職場を変える場合、今現在得ているお給料が大幅にその額を下げてしまうのではないかといった不安を持ち合わせている方も多いでしょうが、有資格者でなおかつ他の幼稚園や保育園での勤務経験がある方なら、相応のお給料で受け入れてもらえるものと想像しておいてください。保育の現場は薄給であることで有名ですが、有能で手放したくないと幼稚園や保育園側が認識している人材に対しては、園側も高給を約束する場合が多いので安心しておいて構わないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です