神奈川県横浜市等でも保育士不足が深刻である

最近では都市部を中心として夫婦共働き家庭が増えていることもあって、子どもを保育園に預ける夫婦が沢山います。特に神奈川県の横浜市や川崎市のような大都市で暮らすにはお金がとてもかかります。食費や衣服などにもお金がかかりますが、中でもこのような都市部にあるマンションは家賃がとても高いところが多いです。そのため神奈川県の横浜市等のような大都市に住むにはお金がかかるので、夫婦共に働かなければ生活できない場合が多いのです。

そういったこともあって奥さんが子どもを産んで暫くしたら子どもを保育園に預けて、また社会復帰すると言ったケースが増えています。このように多くの人が子どもを保育園に預けることもあって、保育園はどこも一杯でなかなかそこに子どもを入れさせることが出来ないのです。小さな子どもを家で一人にさせる分けには行かないので、子どもを保育園に預けることが出来なければ母親は会社を辞めるしかないです。しかし会社を辞めたら経済的にとても苦しくなるので、何とか子どもを保育園に預けたいと願う母親が沢山いるのです。

ただ保育士の数が足らないために、保育園の方でも預かる子どもの数に限界があります。神奈川県横浜市や川崎市でも待機児童の問題が言われていますが、その最大の原因は保育士不足にあると言えます。ですから国や自治体はどうしたら保育士不足を解消出来るかを真剣に考えて、しっかりとした対策を取ることを心掛けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です