プロのベビーシッターになるために

仕事や何らかの事情で保護者が子供の面倒を見られない際に、親の代りに子供の面倒をみるベビーシッター。子供の身の回りのお世話や一緒に遊ぶことをはじめ、時には家事の代行や勉強を教えたりもします。子供が好きな人にとっては、まさに天職です。仕事に就くための資格は必要なく、国家資格が必要な保育士とは違い、国家資格が存在しません。

そのため企業に就職すれば、誰でも簡単に働き始めることができます。しかし民間資格として『認定ベビーシッター』というものがあります。この資格は、公益社団法人全国保育サービス協会が制定するもので、必要な職業倫理や専門知識・技術を備えた人に付与されるもので、プロとしての資格です。この資格を取得するためには2つの方法があり、1つ目は全国保育サービス協会が実施する2つの研修会を受講して、認定試験を受験して合格すること。

2つ目は『認定ベビーシッター資格取得指定校』として協会が指定した保育士を養成する学校で、保育士資格取得のための指定科目のほかに『在宅保育』に関する科目を履修し単位を取得することです。認定ベビーシッター試験を受ける場合には、満18歳以上であること、2つの研修会を受講して修了証を持っていること、在宅保育の経験や、一時的な子どもの預かり等を行うファミリーサポートセンター事業に関わった経験など、ベビーシッターとしての実務経験があることの、3つの条件が揃ってなくてはなりません。女性の社会進出が増加している今、人員が増加して欲しい仕事の1つであると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です